青天の霹靂に襲われた感じです。
モンスタークラスのデブスが、自分の名前を呼ぶのです。
「修斗さんですね。よろしく。ホテルはあっちです」
自分は取り憑かれたようになっていました。
思考回路が停止した状態かもしれません。
デブスにふらふらと付いていってしまったのです。
自分の身になにが起こっているのかすらわかりませんでした。
ホテルに入ると、相手がバスルームに向かうのです。
シャワーの音が聞こえました。
次にバスタオル姿で相手が出てきました。
裸にされフェラを始められました。
デブスにされているのに勃起していました。
そして勃起したチンコに、コンドームを被せ始めるのです。
寝転んで一言。
「挿れて」
呆然としてしまいました。
しかし、取り憑かれた状態の自分は、デブスのオマンコに挿入しました。
パッコンパッコンしました。
射精もしました。
とたんに相手は帰り支度を始めました。
「では、約束のお金を」
3万円を取られました。
そして、ホテルを出たのです。

 

 駅に向かう途中、時計を見てみました。
35分しか経過していませんでした。
駅のホームにたどり着くと、ようやく頭がクリアになってきました。
いったいあれは何だったのか?
別3も35分で支払ってしまったのです。
割り切りとは、こんなものなのか?
そんなわけありません。
男女の大人の営みです。
あんなエッチなわけないのです。
これなに?と気になりまくりました。
帰宅してから、ネット検索をはじめて見たのです。
そこに書かれていたのは、援デリという風俗業者の話でした。
Twitterで即ハメにあるのは、100%風俗業者なのだと言うことがわかりました。
まんまと一杯食わされてしまいました。
風俗業者の特徴も書かれていました。
写メとは違うデブスがやってくること。
相手がエッチな反応しないこと。
体を触らせないこと。
いきなり挿入をさせること。
行為が30分で終わること。
すべて当てはまっていました。

 

定番サイト登録無料
割り切りサイトBEST5
割り切りを希望する素人の女の子を探すなら